通学路の安全対策

以前、繁華街に設置される防犯カメラのお話はお伝えしましたが、今回は通学
路や公園に設置される防犯カメラのお話です。
警察庁は先月25日、通学路や公園などに防犯カメラを設置し、管理を防犯ボラ
ンティア団体に任せるモデル事業を行うと発表しました。
子どもを犯罪から守る民間団体の活動を補完する新しい試みで、全国の15団体
が来年1月をめどに始める予定。
防犯カメラは一つの団体に25台ずつで、録画機やモニターと一緒に警察庁が費
用を負担。撮影、録画した映像のチェックなどは団体が行うようです。
事業に参加するのは宮城県東松島市、栃木県小山市、埼玉県戸田市、東京都東
大和市と武蔵村山市、静岡県藤枝市、大津市、大阪府寝屋川市、兵庫県姫路市、
和歌山県岩出市、岡山市、広島市、徳島市、福岡市、鹿児島県奄美市の15団体。
募集に応じた約30団体から選んだそうです。
宮城出身の私は、参加団体の東松島市をよく知っています。特に犯罪が多いよ
うには思いませんが、どのような成果が上がるのか期待したいところですね。
<参考>通学路や公園に防犯カメラ=運用は民間団体に委託?警察庁
「Yahoo!ニュース」より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090625-00000051-jij-soci

Comments are closed.

カテゴリー

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン